美しくなるためのサポートをしてくれる美容外科|美容整形活用部

レディ

究極の部分痩せ

女性医師

ダイエットをして理想のスタイルを手に入れたい、と思っている女性は非常に多いです。しかし理想のスタイルを手に入れるのは簡単なことではありません。自己流でダイエットをしても、痩せないどころか、逆に太ってしまう可能性があります。ダイエットができなくて悩んでいるなら、銀座の美容外科で脂肪吸引を行なうと良いでしょう。美容医療の力を活用することで、楽に痩せたり、理想のスタイルを手に入れたりすることができます。脂肪吸引とは、皮膚に細い管を入れて、脂肪を吸引することで痩せることができる整形手術のことです。手術の流れとしては、まず皮膚表面に4ミリほどの傷をつけます。チュメセント麻酔で結果を収縮させることで、出血や痛みを抑えます。そして超音波やレーザーを使って脂肪を溶かしたら、カニューレという管を脂肪層に入れて、脂肪を吸引していきます。銀座の美容外科で脂肪吸引を行なうことによって、吸引した分の脂肪を減らすことができます。ただ、注意しておきたいのが、体重はあまり減らせないということです。その理由は、脂肪は非常に軽いからです。そのため多くの脂肪を減らしたとしても、脂肪が大幅に減少することは少ないです。銀座の美容外科で脂肪吸引を受けることで、部分痩せができます。食事制限や運動などをして自力で痩せる場合は、部分痩せをするのが非常に難しいです。そのため脚だけ細くしたい、二の腕のたるみをなくしたい、というのは難しいのです。しかし銀座の美容外科で脂肪吸引を行なえば、細くしたい部位だけの脂肪を吸引できるので、確実に部分痩せができるのです。

美容外科で脂肪吸引を行なうなら、ダウンタイムについて知っておいたほうが良いです。脂肪吸引は、整形手術の中でも、比較的大きな手術になるのでダウンタイムも長めです。日常生活や仕事に復帰するのは、術後4日目が目安となります。ただ、運動を行なう場合は1週間~2週間ほど安静にしておく必要があります。脂肪吸引は、簡単に理想のスタイルを手に入れられるという大きなメリットがあります。もちろん気をつけておくべき点もあります。それは皮膚がデコボコになったり、たるんだりする可能性があることです。せっかく脂肪を減らしてスリムになったのにも関わらず、皮膚がデコボコになったり、たるみができたりしてしまうと見た目が悪くなってしまいます。基本的に、脂肪の吸引方法や吸引量などを考慮すれば、デコボコやたるみができることはないのです。しかし医師の技術力が低いために、仕上がりが悪くなってしまうのです。ですから銀座の美容外科で脂肪吸引を行なうなら、高い技術力を持った医師に担当してもらったほうが良いです。